朝礼のネタ! 話題に困ったら by ゆもP

アクセスカウンタ

zoom RSS アポロ計画における技術技能の伝承

<<   作成日時 : 2018/01/19 08:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

アポロ計画はアメリカの月への有人飛行計画。
1961年のアポロ11号による人類初の月面到着以降、3年間に6
回の有人月面着陸を実現している。

宇宙船は三人乗り。船長と着陸船操縦士の二人が月面に降り
立つ。残る一人は司令船操縦士として、他の二人の月面活動
中、月の周回軌道上で待機していた。

月面に降り立ったのは、6ペア・12人だが、一人で二回以
上降り立った飛行士はいない。
毎回、違う飛行士が降り立っているのだ。

にもかかわらず、着陸や月面ミッションは回を追うごとに難
易度の高いものになった。
初着陸を実現した11号では、着陸がやっとの状況。ギリギリ
で着陸を断念すべきではといった判断さえあった。
次の12号では、二年前に着陸した無人探索機の近くへの着陸
をめざし、直近200メートルのところに着陸している。

以降も長期滞在や、月面車の使用など次々に新しいことに挑
戦している。

着陸を含め、多くの活動は、地上や支援コンピュータによる
制御だけでは実現できず、現場にいる飛行士の技量が不可欠。

着陸経験者ではなく、毎回、着陸初経験者でそれらを行った
ということは、後続の飛行士が先行する飛行士から多くのノ
ウハウや知見を継承していたことになる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アポロ計画における技術技能の伝承 朝礼のネタ! 話題に困ったら by ゆもP/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる