Excelでの期間内営業日数計算~休日が土日以外の場合~

ExcelのNETWORKDAYS関数は、土日が休みの会社において、指
定した期間内の営業日数を計算するときに使う。

=NETWORKDAYS(開始日,終了日) とすれば、開始日・終了日を
含む土曜・日曜以外の日数を計算することができる。

土日以外に祝日がある場合でも、祝日の一覧表を作成してお
けば、土日・祝日を除く営業日を数えてくれる。

=NETWORKDAYS(開始日,終了日,祝祭日を列挙したセルの範囲)
とすればよい。

では、週休二日でなかったり、土日以外が休みだったりした
場合はどうしたらよいのだろう。

こうした場合でも計算できるように、NETWORKDAYS.INTL関数
が用意されている。この関数の書式は、

=NETWORKDAYS.INTL(開始日,終了日,休み指定,祝祭日を列挙し
たセルの範囲)

となる。
休み指定は、"1"と"0"からなる7文字で指定する。
1文字目が月曜日、2文字目が火曜日、と順に割り当てられて
おり、7文字目が日曜日となる。それぞれの場所に"1"が書か
れていれば、その曜日は非営業日となる。

例えば、"1000001"だと、月曜日と日曜日が非営業日となる。
"00100011"だと、水曜日と土日が非営業日だ。

連続する曜日が休みの場合や、週休1日の場合は、7文字で表
現するかわりに1文字または2文字で指定できる。

連続する曜日が休みの週休2日の場合、

1 土曜・日曜 休み
2 日曜・月曜 休み


7  金曜・土曜 休み

となる。
週休1日の場合は、

11 日曜休み
12 月曜休み


17 土曜休み

となる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック