さみしい「り」

文語で完了・存続の意味をもつ助動詞「り」。 文語で俳句を作るときに、「り」の接続には注意が必要だ。 助動詞は用言や他の助動詞に繋がる。通常、前にある用言や 助動詞の活用形はひとつの形に決まっている。 例えば、受身や可能を示す助動詞「る」「らる」は未然形に、 過去を示す助動詞「き」「けり」は連用形に接続する。 とこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more