テーマ:

さみしい「り」

文語で完了・存続の意味をもつ助動詞「り」。 文語で俳句を作るときに、「り」の接続には注意が必要だ。 助動詞は用言や他の助動詞に繋がる。通常、前にある用言や 助動詞の活用形はひとつの形に決まっている。 例えば、受身や可能を示す助動詞「る」「らる」は未然形に、 過去を示す助動詞「き」「けり」は連用形に接続する。 とこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

教科書が読めない子ども

「ロボットは東大に入れるか」のプロジェクトディレクタで ある新井紀子氏は、全国2万5千人の基礎的読解力の調査も 行っている。 「ロボットは東大に入れるか」プロジェクトは、AI技術を使 って大学入試問題に挑戦する取り組み。 大学入試の模擬試験を受験し、国公立大学172校中23大学、私 立大学584校中512大学で合格可…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乙嫁語り

「乙嫁語り」は森薫氏による漫画。 2008年より連載を開始し、現在も連載中。単行本は10巻まで 出ている。 19世紀後半の中央アジアに暮らす人々の生活を、いくつかの 地域での若いカップル達それぞれの思いをからめながら丁寧 に描いている。 精細は筆致で描かれる服装や装飾品、動物などの絵は、ひと つ一つの絵としても見ご…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新聞を読むということ

新聞を読む人が減っている。 博報堂の「生活定点」調査によると、2016年に「平日、新聞 を読んでいる」人は、全世代にわたる集計で56.2%。 半分以上ではあるが、2006年は85.6%だったから、年率4.6% で減少していることになる。 (注:博報堂「生活定点」調査は2年ごとに行われる。) 60代では、2016年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界最古の会社

世界最古といわれる会社は、日本の「金剛組」。 社寺建築を手掛ける会社で、創業はなんと西暦578年。 少し古いデータだが、韓国銀行が2008年に調査した世界の長 寿企業リストによれば、1位から6位までがすべて日本の企 業となっている。さらに9位も日本企業だ。 同リストによれば、海外での最古の企業は、西暦803年から 続…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真実の瞬間

スカンジナビア航空のCEOとして、同社を立て直したヤン・カ ールソンの著書。 発刊は30年近く前。お客様に満足いただくためには、何が大 切なのかを明らかにしたものとして、ビジネス書の古典のひ とつとなっている。 本書の重要な指摘の一つは、お客様の個々のニーズに応える ために行うべきこと。現場からかけ離れた部署で作られ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

20週俳句入門

俳句を始める人にとって、バイブル的な教科書が藤田湘子さ んの「20週俳句入門」。角川俳句ライブラリーの中の1冊 となっている。 まず、最初の7週分で、何のために俳句を作るのか、何を用 意すればよいのか、歳時記のしくみ、俳号(雅号)の考え方、 俳句の基本ルールが述べられている。 次いで、実作編。仮想の初心者4人に対する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャック・アタリの未来予測

ジャック・アタリは、フランスの大統領顧問や欧州復興銀行 の総裁を務めた人。 2016年に「ジャック・アタリの未来予測」(プレジデント社) を執筆している。 その中で、アタリは、マネーが社会を支配する世界に警鐘を 鳴らす。法秩序を遵守することや、環境問題に対処すること は、マネーだけを考えていては実現しないというの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユリウス・カエサル

ユリウス・カエサルは、紀元前1世紀のローマの政治家。 英語読みではジュリアス・シーザー。 この時代の常として、政治家は軍隊を率いる軍人にもなるが、 軍人としてのカエサルは、広大な範囲で戦いを行っている。 まずは、ガリア人の住む西欧地域、この戦いの中でドーバー 海峡を越えてイギリスにも渡っている。 次いで、古くからのロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

武士道とカイゼン

「カイゼン」は、日本生産性本部でアメリカ駐在だった今井 正明氏が1986年に出版した本。トップから担当者までが参加 し不断のカイゼンを進める日本的経営を伝えるものとして、 欧米の多くの経営者が注目した。 「武士道」は、アメリカやドイツに留学した新渡戸稲造氏が 1900年に出版した本。武士の思想や価値観を伝え、欧米の指 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

銀座のクラブの料金は?

銀座でクラブにいくと、いくらくらいかかるのだろうか。 実地調査はできないが、「銀座の流儀」(白坂亜紀 時事通 信社)に参考となる数字がでていた。 著者は実際に銀座で倶楽部を経営しているママ。 それによると、あくまでも目安としてとのことであるが、一 人3~5万円が基本とのこと。ボトルやシャンパンを入れれ ば当然…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地域のコミュニティは必要か?

地域における人付き合い。 「コミュニティ」という言葉が使われることもある。 「近所づきあいはしていないし、コミュニティなんていらな い」という人がいる。その一方、地域の結びつきや近所の知 り合いとの関係が重要という人もいる。 「町を住みこなす」(岩波新書)の著者、大月敏雄氏は、人 生のサイクルの中でコミュニティとの関…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天の川銀河発電所

天の川銀河発電所(左右社)は、多くの若手作家の俳句を集 めた作品集。 編者は、1985年生まれの俳人、佐藤文香さん。1968年以降に 生まれた俳人の作品を、各俳人ごとに81句(もしくは39句) ずつ掲載している。 俳句というと「花鳥風月」だけと思っている人は、この作品 集を読むとびっくりするかもしれない。そうした「常…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一生懸命計画を立てていないか?

飛躍的な成功を望むなら、目標を立てることはよい方法では ない。 きちんとした目標を設定し、他の成功例をベンチマーキング して成功をめざしたいとする野心家の考えを、こう否定した のは大富豪のマックス・エルモア。 「仕事は楽しいかね?」(デイル・ドーテン きこ書房)に 登場する架空の人物だ。 彼が重要だと指摘したの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲い込み戦略と競争

携帯電話を持つと付与される電話番号。 以前は、契約キャリアを変えたら番号が変わった。 電話番号が変わるととても不便だ。 キャリアの乗り換えには、この不便を上回るだけの大きなメ リットが必要でとなる。 既存キャリアは、これで顧客を囲い込めた。 この状況を打破するためにMNPが生まれた。 キャリアを変えても、同じ番号が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この世界の片隅に

映画「この世界の片隅に」は、こうの史代さんの漫画を原作 とするアニメーション。 昭和18年から20年までの広島・呉を舞台に、18歳で広島から 呉に嫁いだすずさんを主人公とした物語だ。 冒頭、昭和8年、10年、13年のエピソードが挿入されている。 戦争の時期であり、呉には大空襲、広島には原爆投下がある。 が、決してそれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

情熱を見つけられなくても大丈夫!

情熱をかけられるものに仕事として取組めば、成功する。 やっていて飽きることはないし、アイデアもどんどん出る。 そのために、多くの人が情熱の対象を見つけようと務める。 それを見つけて、自分に適する仕事を決めようとするのだ。 ところが、情熱をかけるものが見えずに困惑するケースが 少なくない。 これが見つからないという…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サイロ効果=タコつぼ現象について

複雑な問題を解くには分解して考えることが役に立つ。 会社組織も、分業することで効率性や専門性を高めてきた。 会社が大きくなると、各部門間の関係に問題が生じてくる。 各部門が自部門中心の行動をとることで、全体で見るとおか しなことがまかり通ってしまうことがあるのだ。 この問題は、サイロ効果、タコつぼ現象などと呼ばれる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昭和元禄落語心中

「昭和元禄落語心中」は雲田はるこ氏による漫画。 初出は、雑誌連載。 単行本は2011/7より講談社から発行され、 2016年9月に最終巻が出ている。 落語に対する思い、 様々な形で絡み合う人々の思いとともに 戦前から平成まで三代の落語家や それを取り巻く人々の生きざまを描いた大作である。 緩急自在の話しの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

複雑な問題に指導者が取り組むための方策

解決すべき問題が複雑ではなく、既知のモデルにより対処できるタイプの問題。こうした問題あれば、指導者は専門家としてのほどほどの距離感をもってクライアントに接し、対処法を伝授すればよい。この関係は、医者と患者の関係に似ている。 複雑な問題だとそうはいかない。問題解決に取り組むことになった指導者は、どんなに調査に時間をかけたとしても、過去か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

すばらしい新世界

「すばらしい新世界」はイギリス生まれの作家オルダス・ハックスリーが、1932年(昭和7年)に発表したディストピア(=反ユートピア)小説。近未来の世界を描いたSFであるが、その描写は現在でも全く色あせていない。 胎外生殖により計画的に人が生まれ、悩みや不満を感じることのないよう設計された社会がいかなるものかを活写している。日本で言えば昭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more